サッカー選手の熱中症対策には、お手軽に、『手のひら』冷却!!【コアクーラー】がおすすめ!!

おすすめアイテム
スポンサーリンク

暑熱、熱中症予防には、『手のひら』冷却が効果的!!

真夏の炎天下で、ベストパフォーマンスを発揮したり、

熱中症予防には、『深部体温』を下げる必要性があります。

その為、【アイススラリー】という方法が、効果的!!と、

ご紹介させていただきましたが、

この、【アイススラリー】と、合わせて、

手のひらを、冷却するということも、

『深部体温』、体の深い部分まで、冷やすということに、

絶大な効果!!があるようです。

スポンサーリンク

なぜ、手のひらを冷却が効果があるのか?

アメリカ・スタンフォード大学体温を下げる方法を研究してきた

クレイグ・ヘラー教授がおすすめするのは、なんと手のひらを冷やすこと!

実は手のひらには、”体温低下機能”があったんです。

【進化の名残!手のひらはラジエーター】

その秘密は、AVA(動静脈吻合)と呼ばれる特別な血管にありました。

AVAとは動脈と静脈を結ぶバイパスのような血管で、普段は閉じています。

ところが体温が高くなってくるとAVAが開通し、一度に大量の血液を通します。

そうすることで熱が放出され、冷えた血液が体に戻っていくのです。

手のひらはまさにラジエーター。

この機能は人だけでなく、イヌやサルなど哺乳類に共通して備わっています。

哺乳類では毛のない手のひらや足の裏、頬にAVAが多く分布し、

そこから熱を放出する仕組みが進化したと考えられます。

なぜなら、毛に覆われている部分からは熱が逃げにくいから。

人間には体毛が少ないですが、そういった体の仕組みがそのまま残っているのです。

また、ある研究によると「首・脇の下・そけい部」を冷やしたときよりも、

AVAの多い「手のひら・足の裏・ほほ」の3点を冷やしたときの方

体温を低下させる、という結果が得られました。

引用元:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1018.html

スポンサーリンク

首、脇の下の冷却では、『深部体温』が下がりにくい!?

これまでは、首筋や、脇の下を、冷やしていたと思いますが、

実は、これでは、『深部体温』は、下がりにくいそうです。

しかも、『心臓』に、近いということから、スポーツプレクーリングにおいては、

負担が大きくなるそうです。

ただ、『脳』に近いということで、爽快感は、すぐに得られるという効果はあるようです。

ということから、精神的ストレスを軽減するという意味では、

競技中や、終了後には、首筋や、脇の下冷やしても良いともいわれております。

ちなみに、競技中に、首筋だけを冷やした実験を行った結果では、

『深部体温』はあまり下がっていないのに、

『脳』は、気持ち良くなっているという状態で、

プレーができて、パフォーマンスは、良いものの、

競技終了後には、一気に、疲労に襲われる、という状態になることがあったそうです。

だからこそ、競技前には、あらかじめ、『深部体温』を下げておくということは、

とても大事になってきます。

手のひらを、冷却する、【コアクーラー】が、おすすめ!!

DESCENTE(デサント) 暑熱対策用グローブ コアクーラー ブラック フリーサイズ DAT-9000

DESCENTE(デサント) 暑熱対策用グローブ コアクーラー 2セット BK F

ここで、おすすめ!!させていただくのが、

DESCENTE(デサント) 暑熱対策用グローブ コアクーラーです。

この、暑熱対策用グローブ コアクーラーは、

スポーツメーカー【デサント】さんと、電機メーカー【シャープ】さんが、

タッグを組んで開発して、生まれた、技術の結晶の、

究極の、『暑熱対策ギア』になります。

選手、お子さんが、

快適に装着して、運動できる、アタッチメントを、【デザント】さんで、

冷たすぎず、快適な温度に保つ、適温畜冷材を、【シャープ】さんで、

という、組み合わせが、暑熱対策用グローブ コアクーラーになります。

【コアクーラー】で、手のひらを、冷やす暑熱対策とは?

先に、説明させて頂きました通り、

手のひらには、体温調整することの出来る、

AVA血管という特殊な血管があります。

この、AVA血管を通る、血液冷やすことによって、冷えた血液体内を巡り、

体の中心部の体温【深部体温】が下がることで、『暑熱対策』となります。

【コアクーラー】で、手のひらを、冷やす温度は?

画像引用元:https://store.descente.co.jp/descente/feature/tekion/

手のひらを、冷却する温度は?というと、『12℃』になります。

この『12℃』が、ポイントのようで、この『12℃』という温度は、

皮膚にあてた時に、気持ちのいい温度のようで、

手のひら長く冷やすことが出来る温度のようです。

『12℃』で触れている、皮膚表面温度は、『17℃以下』になならないということもあり、

快適に、【深部体温】を下げることができるようです。

仮に、や、保冷剤などを使用した場合は、

冷たすぎて、血管が収縮してしまい、うまく血液が冷えず、【深部体温】を、

下げることができないようです。

また、や、保冷剤は、冷たすぎて痛みも感じてしまい、

長く、に接することもむつかしくなることも、適していない理由のようです。

この『12℃』に保つ、適温畜冷材開発が、【シャープ】さんの、

技術結晶とのことです。

【コアクーラー】を、どんな時に使用すれば

試合前、練習前

試合前、練習前(運動前)プレクーリング(手のひらを適温で冷やす)を、

行うことで、『暑熱対策』になります。

運動を開始した後の、【深部体温】の上昇を抑制することができ、

運動開始後の、パフォーマンス維持が期待できます。

練習中(試合のハーフタイム中)

練習中(運動中)の、クーリング(手のひらを適温で冷やす)により、

『暑熱対策』ができ、練習中(運動中)の、【深部体温】の上昇を抑制することができ、

練習中の、パフォーマンス維持が期待できます。

試合後、練習後

試合後、練習後クーリング(手のひらを適温で冷やす)により、

効率的に、【深部体温】が下がり、身体の負担リカバリーできます。

身体の負担リカバリーできることにより、疲労回復にも、効果発揮して、

翌日の、試合、練習も、しっかりと取り組んでいけるのではないかと期待できます。

また、休息時就寝前などにも、おすすめ!!です。

【コアクーラー】は、何度でも、繰り返し使用できます。

使用、着用により、『適温蓄冷材』が、完全に溶けてしまったとしても、

もちろん、繰り返し使用、着用できることも、おすすめ!!理由です。

氷水で、約1時間程度、

冷凍庫では、約2時間程度で、

凍結するため何度でも使用、着用することが可能です。

まとめ

なんと、この、暑熱対策用グローブ コアクーラは、

【MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)】では、7名の選手が、

ウォーミングアップ時レース中使用されており、

【競歩】国際大会では、2名の選手が、着用されて、

いずれの大会好成績者が続出したという実績もあるようです。

簡単に、お手軽に、着用、使用できる、

暑熱対策用グローブ コアクーラーは、

選手、お子さんの、熱中症予防は、もちろん、

真夏の炎天下の中の、パフォーマンス発揮するアイテムとして、

ぜひ、おすすめ!!します。

DESCENTE(デサント) 暑熱対策用グローブ コアクーラー ブラック フリーサイズ DAT-9000

DESCENTE(デサント) 暑熱対策用グローブ コアクーラー 2セット BK F

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました